top of page

豊玉中学校と海岸清掃&施設見学!

6月26日、豊玉中学校3年生のみなさんとクジカ浜の海岸清掃を実施しました。

豊玉中学校はSDGsの教育に力を入れており、昨年は海ごみを使ったアート作品を製作、空港に展示なども行なっています。※YouTubeにて動画公開中



今回は西海岸(朝鮮海峡)に面し、多種多様で大量の海ごみが流れつくクジカ浜での海岸清掃で、ペットボトルに標的をしぼり、集めてもらいました。

ペットボトルの回収には、株式会社リングスター様が対馬の青い漂着ポリタンクをリサイクルされて(割合10%)作られたカゴを使用させていただきました。



回収後は国別分類を体験、結果発表後、悪路の山道をごみや道具を持って登り、バスで中部中継所(中対馬のごみ処理施設)に移動しました。

ここでは集められた海ごみがどの様に処理されているのかを見学してもらいました。



今年の総合学習では、この海ごみについての他、難民について、福祉について学習を進めており、これから発表会に向けて学んだことをとりまとめていくそうです。素敵な発表楽しみにしています。



ちなみに今回海岸清掃をしてくれた3年生のみなさんは、3年前、小学6年時の修学旅行でシーカヤック体験をしてくれた生徒達で、私達対馬CAPPAの事を覚えていてくれました。







この様に対馬の子ども達と小、中、高とそれぞれの時代で関わっていけたら素敵だなと思います。

閲覧数:13回0件のコメント

Comments


bottom of page