top of page
  • 執筆者の写真Ryo Koto

化学総連さまと9度目の環境スタディ!

2023年11月13~14日の二日間、再び全国化学労働組合総連合(化学総連)のみなさま21名が来島くださいました。



"プラスチックを供給する側に従事する者として、現実を知り、解決に向けて微力ながら尽力したい"という理念の下、第9回対馬海岸清掃ボランティアと称して対馬CAPPAの環境スタディにご参加くださった化学総連の皆さまは、毎度高い意識と情熱で清掃作業に励んでくださいます。



今回の舞台は厳原町にあります椎根の海岸です。

数多の海ごみが漂着する場所ということもあり、対馬の代表的な漂着物(あなご漁具、ポリタンク等)が多く見受けられます。


一つ一つの解説にも真摯に耳を傾けてくださるみなさまの姿勢に、いつも背筋が伸びる思いです。

少ない時間ではありましたが、さすがの手際で約7,000ℓもの海ごみが回収できました。



 


続いて翌日、浅茅湾にて行なうシーカヤックツアーです。



この時期ならでは、冬の来訪を報せる風物詩、気嵐(けあらし)が私たちを歓迎してくれます。

陸と海の温度差が表す幻想的な光景に、化学総連のみなさまは表情を綻ばせていました。



対馬の抱える問題と、対馬のあふれる魅力、その両方を体験し、感じた想いを言葉にして伝えてくださる化学総連のみなさま、まこと感謝に堪えません。

これからもより一層の環境活動に取り組んでまいりますので、今後とも力をお貸しください。ありがとうございました!



閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page